Prev  «  [ 2018/07 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

kae

Author:kae
2010年、東京から和歌山那智勝浦町にやってきました。
食事と睡眠をたっぷりとることが
人生のモットーです。
音楽、本、美術など芸術全般と、
サイクリング、散歩、ピクニックなど
静かなアウトドアが好きです。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルフォンシーナと海

最近、ラジオをよく聞いています。
といっても、我が家は電波が悪く、聞くのはもっぱら運転中の車の中。
聴くのはほとんどNHK FM。

これがね、とてもいいんです。
たいていさらっと聞き流してますが、たまに未知の素敵な音楽に出会えます。
つい先日も、聞いた瞬間にすごくいいなァと思う曲があって、一目惚れならぬ、一聴き惚れ!!
タイトルの断片を覚えて、信号待ちで急いでメモして、家に帰ってからネットで調べて、
早速CDを注文しました。

で、今日届いたのがこの「アルフォンシーナと海」。
波多野睦美さん(ソプラノ)と、つのだたかしさん(ギター/リュート)によるデュオ。
CD arufonsina

タイトルにもなっている「アルフォンシーナと海」のアルフォンシーナとは、
46歳で海に入水自殺をして亡くなったアルゼンチンの女性詩人、アルフォンシーナ・ストルニのことで、
彼女を想って、同じくアルゼンチンのアリエス・ラミレスが作曲したものだそう。
物悲しいようなとてもきれいな曲です。

このアルフォンシーナ・ストルニにもとても興味を覚えるのですが、
ちょっと検索してみても、日本語訳の詩集などは出ていないようで、残念です。

そのほか、ピアソラの「オブリヴィオン」や、武満徹の曲なども入っていて、
全体にしっとりと静かな雰囲気が漂い、かなり気に入りました♪

ちなみに、CDジャケットが、望月通陽さんの優しげな木彫作品の写真というのも、
また、なおのこと胸にぴたりとくる1枚です。





スポンサーサイト

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://gamagamako.blog27.fc2.com/tb.php/128-d339a971


リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。