FC2ブログ



Prev  «  [ 2018/12 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » Next
プロフィール

kae

Author:kae
2010年、東京から和歌山那智勝浦町にやってきました。
食事と睡眠をたっぷりとることが
人生のモットーです。
音楽、本、美術など芸術全般と、
サイクリング、散歩、ピクニックなど
静かなアウトドアが好きです。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光案内 ~串本~

両親は帰りましたが、書き切れていないことがまだ少しあるので、
今しばらく観光案内記を続けます。

日曜日は串本に行ってきました。

♪ここは串本 向かいは大島 仲を取り持つ巡航船♪ 
年輩の方によく知られているこの民謡の土地です。

那智勝浦町からは左手に海を見ながら国道42号線を行きます。

途中の橋杭岩はいつ見てもすごい!!
弘法大師が橋を架けようとしたとの伝説があります。
やはり暖かい土地なのでしょうか、ハイビスカスが咲いている。
hashigui1.jpghaibisukasu.jpg

民謡に歌われている巡航船は今はもうなく、島との間は橋でつながっています。
大島に入り、海金剛にも寄りました。
植物におおわれたちょっとしたジャングルのような小道を抜けると、
断崖から荒々しい岩場が見え、海とともに絶景です。
umikongo2.jpgumikongo.jpg

海金剛のすぐ近くに、日米修好記念館があります。
前回来た時は、一体なんなんだろう!?と思いつつ入りませんでしたが、
せっかくの機会なのでみんなで入ってみたところ、、、
なんと、ペリーが浦賀に来航する60数年前に、アメリカ人が貿易を目的として
初めてこの地に上陸したそうです。
当時の日本は江戸時代、鎖国のまっただ中だったため、表向きは燃料補給として入港し、
実際は毛皮を売ろうとしたようですが、気候のためか高値のためかまったく売れずに、
わずか数日間の滞在で撤退していったそうです。
そんな歴史的事実、初めて知りましたよ。
教科書に載っていませんよねぇ。(私が知らないだけ?)
nichibei.jpg

さてさて、串本といえばトルコ記念館ははずせません。
日米修好記念館とトルコ記念館の共通券があったので、トルコ記念館にも行きました。
エルトゥールル号の沈没の際、地元の住民が懸命に救援活動にあたったことから、
日本とトルコの友好が記念されています。
toruko.jpgticket.jpg

トルコ記念館から少し歩いて灯台へ。
途中、金柑ソフトクリームがありまして、おいしいんです。
なんでしょうか、きれいな赤い実をつけた木もありました。
kinkansoft.jpgakaimi.jpg

あ、ソフトクリーム食べるのに夢中で、肝心の灯台の写真を撮り忘れました・・。

帰りは、パン屋「nagi」で遅めのランチ。
ここでもやっぱり、、食べることに夢中で写真を撮り忘れましたが、、、
マルゲリータときのこのピザをとって、みんなでおいしくいただきました。
このパン屋さん、とてもおいしくて気に入っているんです♪
ピザをいただいたのは初めてでしたが、とってもおいしかった!!
お店の外のテーブルも気持ち良かったです。

この後は、みんなで満腹のおなかを抱えて、一路那智勝浦町へ帰りましたとさ♪







スポンサーサイト

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://gamagamako.blog27.fc2.com/tb.php/39-6e63b6af


リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。