FC2ブログ



Prev  «  [ 2018/09 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

kae

Author:kae
2010年、東京から和歌山那智勝浦町にやってきました。
食事と睡眠をたっぷりとることが
人生のモットーです。
音楽、本、美術など芸術全般と、
サイクリング、散歩、ピクニックなど
静かなアウトドアが好きです。

最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見ましたか?
とってもきれいな虹が出ていましたよ。
少しの欠けもない、きれいなアーチ型。
色も濃かったです。

昨日と今日、低気圧のせいでしょうか、少し変なお天気でした。
ぱっきりと晴れているのに、急に雨が降って天気雨。
天気雨は狐の嫁入りといいますが、きっと狐業界では
かなりの大物の婚礼があったなぁと考えていたところ、見事な虹!
これはもう、なんだか狐界の皇室並みの慶事ではないかしら!!

とまぁ、冗談はさておき、虹を見ると本当に心が躍ります。
透き通ったあの色味の美しさに心を奪われてしまうだけでなく、
空でほんの束の間の自然現象が静かに起きていて、
その瞬間、虹を見れたことに対して、ものすごく幸福感を覚えるのです。
家の中にいたら気付かないし、空を見なければ気付かないし、
虹が出ている方向に背を向けていたら気付かないし、、、
歩いているあのおじさん、「ほら虹が出てますよーー」って、
もうね、町中の人に虹が出てることを教えてあげたくなります。
町内放送でお知らせすればいいのに、何してんのさ町役場!とも思ったりして。

英国の詩人、William Wordsworthの詩にも虹をうたったものがあります。
学生時代、彼のことが大好きで、一生懸命読んだものです。
そんな思い入れもあるのかもしれません。
niji.jpg

A Rainbow
          
My heart leaps up when I behold
  A rainbow in the sky:
So was it when my life began,
So is it now I am a man,
So be it when I shall grow old,
  Or let me die!
The child is father of the Man:
And I could wish my days to be
Bound each to each by natural piety.
             [William Wordsworth]

虹 

空に虹が架かる時
私の心は躍る
私の人生が始まった時からそうだった
大人になった今もそれは変わらない
やがて人生が終わりかける時もそうであってほしい
この気持ちを失うくらいならいっそ死んでしまおう
子供は大人の父である
日々が自然の敬愛によって結ばれますように 
             [訳:KS]

スポンサーサイト

C

omment


T

rackback

この記事のトラックバックURL

http://gamagamako.blog27.fc2.com/tb.php/55-902c8b76


リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。